【Hender Scheme 2020AW】peace tip dress.

InstagramTwitter

 

 

日々の服装を構築する上で、

その日の説得力を上げる為に足元を彩るシューズの存在は重要です。

 

 

当店では毎シーズンHender Schemeの 際立ったデザインを纏う、
数多くのシューズを取り揃えてきました。

 

 

しかし今シーズンはデザイン性というよりも
実用性・汎用性に比重を置いたセレクトとして内容を大幅に変化させて頂きました。

 

 

セレクトショップがセレクトする大体の理由としては、
定番品番・売上実績・お店側の気分又はエゴだったりが反映しますが、

今回、私達の考える大きな理由として、
お店に入荷してくる様々なブランドとの洋服との相性の良さを
感覚的ではなく、純粋に押し出していきたいと思ったのが理由です。

 

 

まずは1つ目。今後のシューズはまた記事にしてあげたいと思います。

 

 

【peace tip dress】

 

 

 

 

つま先部分の切り替えと
ブローグでピースマークを施した

新しいカットのドレスシューズ「peace tip dress」

そもそもチップの種類として、

「ストレートチップ」「Uチップ 」「 Vチップ」「ウイングチップ」の

主に4種類に大きく分類され、

それぞれのチップには、国ごとに名前から歴史も全く異なり、

およそ18世紀頃からチップは役割を担う様になりました。

 

 

諸説ありますが、

元々はトゥ・キャップを入れる為の目安の印だったり、

イギリス/スコットランド地方での湿原地での作業靴が

常に靴が濡れている状態だったので、

その通気孔としての役割があったとされています。

 

 

その長い歴史の中でも今も変わらず、

機能と意匠として今日まで用いられています。

 

 

そして今回、

Hender Schemeが独自で考案した全く新しいトゥデザインが 「ピースチップ」です。

 

 

 

 

誰もが一度はお見かけしたことがあるであろう、

「ピースマーク」を採用したデザインとなっています。

 

 

ここまで、有りそうで無かったデザインをシューズとして

具現化したブランドはHender Schemeが唯一でしょう。

 

 

そして、長い歴史の中で大きな動きの無かった チップのデザインに目をつけ、
一新したデザインを編み出せたのも、
今までのmipシリーズなどを初め様々な挑戦的なシューズを製作してきた経験が、
ここまで辿り着かせたとも言えるプロダクト。

 

 

素材はベジタブルタンニンで鞣した
贅沢なカーフレザーのアッパーとレザーソールを使用した
今までに無い、内羽根のドレスシューズ。

 

 

ピースチップに目を取られてしまいますが、

フォルムに関しても、そこはやはり秀逸。

 

 

 

 

 

 

少し甲を高めに設定し、
ワイズもそこそこ広めに取っているので 日本人にはとてもありがたい設計。

 

 

なのに不思議とぽってりはしないので、

あくまでドレスシューズを前提とした設計。

 

 

 

 

ワイドパンツとはシルエットとのメリハリがつき、
細身との相性はドレッシー過ぎない印象に。

 

 

ドレスシューズという定義に良い意味で

アイロニーを含ませたシューズです。

 

 

今後、この独自の「ピースチップ」を用いて、
様々な角度でアプローチしていくことを予定した第1弾目のプロダクトになります。

 

 

是非、ご試着にいらして頂けましたらと思います。

 

 

下記より、ご確認下さいませ。

 

 

【Hender Scheme 2020AW ITEM LIST】

 

 

ご不明な点等ございましたら、
お気軽に店頭の方までお問い合わせ下さいませ。

 

 

皆様のご来店、お問い合わせを、
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

-SISTER- SISTER ONLINE SHOP

TEL:025-201-9447 MAIL:info@sister-web.jp