【Hender Scheme 2020AW】bijou & haze with neoprene.

InstagramTwitter

 

 

以前、ご紹介させて頂いた
「peace tip dress」に 引き続き
今回もシューズのご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

 
 
まずは1つ目。

 

 

 

 

 

 

 
ベジタブルタンニンのカーフレザーと、
小さな真鍮の尾錠をキレイなバランスでまとめた
エレガントな佇まいのフラットシューズ「 bijou 」


毎シーズン思いますが、
Hender Schemeのネーミングセンスは
クスッとさせられるユーモアさがあります。

 

 

そしてこの名前もまた、
見た目はスクエアに目が行きそうですが、
名前でこのシューズの重要なポイントに気づかされます。

 

 

尾錠の存在が無いとどうも
デザインとして物足りなさを感じてしまいそうです。

 

 

 

 

アッパーで使用されているカウレザーはとてもキメが細かく、
タッチも柔らかいのですが、
しっかりと「芯」があるので、
このシャープで美しいボリュームのシューズにとても良くマッチしています。

 

 

 

 

 

 

Hender Schemeでは
あまりトライしてこなかったセンターシームが
デザインポイントになっており、 そのシームを中和するために、
トゥがさりげなくスクエアしている上品なラストを使用しています。

 

 

 

 

 インソールのクッショニングも良く、歩行時も快適です。

 

 

 
 
続いて

 

 

 

 

 

 

前作の” haze “を ネオプレーンメインのマテリアルにして
アップデートを施した「haze with neoprene」

 

 

 
 
今作はモカをレザーテープで巻いた仕様になっているので、
前作とはまた印象が変わった仕上がりとなっています。

 

 

 

 

アッパー部分は、あえてキュッと絞るようなフォルムに仕上げており、
返りの良いvibram社の「vibram 186c」のソールと、
前作同様に着脱が簡単にできるドイツ「fidlock社」の
マグネットを搭載したアジャスターを掛け合わせています。

 

 

 

 

 

 

「vibram 186c」のソールによって、 地面との接地面が少なく、
ロッキングチェアのような履き心地で、
自然と足運びが出来る非常に疲れにくい履き心地も特徴です。

 

 

 

 

レザーと生地のバランスをとりながら
両素材の特徴を活かすような使い方をしたシューズです。

 

 

 
 
是非、ご試着にいらして頂けましたらと思います。

 

 

 
下記より、ご確認下さいませ。

 

 

 

 

 
ご不明な点等ございましたら、
お気軽に店頭の方までお問い合わせ下さいませ。

 

 

 
 
皆様のご来店、お問い合わせを、
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

-SISTER- SISTER ONLINE SHOP

TEL:025-201-9447 MAIL:info@sister-web.jp