【cotton pan × SISTER EXCLUSIVE ITEM.】” MK5 “

 

 

 

 

COTTON PAN × SISTER 

EXCLUSIVE ITEM

 ” MK5 for SISTER “

 

 

 

-cotton pan-

東京造形大のテキスタイル科を卒業後、

捺染工場での修行を経たデザイナーのワタナベヒカリがデザイナーとして参加し、

全国各地の俗に言うファッショニスタから一目置かれる

某ショップのスタッフがディレクターを務めるインディペンデントブランドが誕生した。

 

その名は『 cotton pan 』。

 

デザイナー自身が描いた絵を、シルクスクリーン作品として展開していたところ、

友人のブランドの目に止まる。

 

そのことがきっかけにより、2018年9月から手売りにてスタート。

 

ブランドコンセプトはデザイナーとディレクターの2人が好きなもの、

大好きな映画や音楽などを将来も忘れない、

この先も忘れたくないものをワタナベヒカリの絵を通し、残すこと、

残すべきものとして伝えること。

 

1stコレクションとしてリリースされた『 cotton pan 』のジャケットシリーズは、

2人が実際にCDで聴いていた音楽をCDサイズ(12cm×12cm)で

ボディに落とし込まれているだけでなく、

CD産業が廃れてしまうことへの懸念的メッセージが込められている。

(レコードで聴いていたものはレコードで、

テープで聴いていたものはテープサイズで展開予定)

 

また、そのプリントの手法は『宅刷り』(宅録の類語であり造語。

シルクスクリーンを使って自宅で刷るの意味)で行われ、

多色、調合にもこだわりぬかれている。

 

ワタナベヒカリが描く、

愛嬌のあるゆるいイラストには残すべきカルチャーが投影され、

宅刷りされたプリント手法と組み合わせることで五感をフルに刺激してくれる。

 

『カルチャーを着る』

 

これこそ『 cotton pan 』の本質であり、

後世にも伝えていきたい、

カルチャーへの愛と想いが詰まった2人からのメッセージである。

 

 

つい先日、ライフスタイル、カルチャー情報webマガジンの

「HOUYHNHNM」にもcotton panの

あれこれ掲載されていたので、

リンクを貼っておきます。

【 https://www.houyhnhnm.jp/feature/470791/ 】

 

 

 

 

 

 

 

 

name: “ MK 5 ” for SISTER

col: White

size: M / L / XL / XXL

price:6,000yen (no tax)

素材: COTTON 100%

 

 

 

 

 

 

90年代、デビュー当時の『 広末涼子 』をモチーフとした

SISTER別注のプリントTシャツ。

 

 

 

 

竹内まりやプロデュースの某CDジャケットを

cotton panの独特のタッチで

大胆に描き下ろしています。

 

 

 

クールなデザインやメッセージ性の強いデザインではない、

少し肩の力を抜きたい夏の日に、

ファッションの箸休め的な一着に。

 

 

 

贅沢に5色使いのカラーリングも

どこか90’sライクな配色で、

シンプルにジーンズにもしっかりハマって、差し色にもなる、

そんなカラーバランスです。

 

 

 

 

プリントは一点一点、

シルクスクリーンのハンドプリントで仕上げています。

 

 

 

 

手刷りなので、

それぞれ柄のズレやプリントの個体差がありますが、

これも手刷りならではのオリジナル感/ご愛嬌としてご愛用下さい。

 

 

 

 

*写真の着用者は 178cm / 68kg で「 XXL サイズ」を着用しています。

 

 

 

 

*写真の着用者は 170cm / 58kg で「 XL サイズ」を着用しています。

 

 

 

*こちらはSISTER限定で描き下ろされた別注アイテムとなります。

 

*ノベルティが付属致します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

休日のデート/ドライブ/レジャーシーン、

どのシチュエーションにおいても、

何も気負うことなくラフに溶け込め、

 

 

30,40代あたりのストライク世代は

昔を思い返して頂き、

「ファンだったな〜。。でもこのゆるさだから歳を取っても着れちゃうな〜。」

のようなテンションで

スタイルに落とし込んでもらえたら良いですし、

 

 

20代の方は、世代でなくても、

配色や直感的な「配色いい感じじゃん」とか

「広末涼子って美人で可愛いよなあ、買お。」くらいの

適当な(あくまでプリントTeeなので)感じで

着てもらえたらクールだと思います。

 

 

この現代社会の有り難みを感じながらも、

今後加速していく、

デジタル化/キャッシュレス化の利便性を先行するばかりで、

今までの時代に丁寧にゆっくりじっくり行われてきた

所作や工程を踏まえた作品/製品が

一瞬にして、水の泡のように消えていく時代です。

 

 

その時代性を鑑みた上で、

カルチャーの新たな残し方を提案しているcotton pan。

 

 

コンセプトの通り、

“残しておきたいカルチャー”を

“着て、楽しむアート”です。

 

 

 

 

 

下記のリンク先からご確認下さいませ。

 

 

》》》》cotton pan「 “ MK5 ” for SISTER 」《《《《

 

 

サイズに関するご相談等もお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

 

皆様のご来店/お問い合わせをスタッフ一同、

心よりお待ちしております。

 

 

 

-SISTER-

SISTER ONLINE SHOP

TEL:025-201-9447

MAIL:info@sister-web.jp