【脱構築と構築】

Instagram

 

 

逆行と順行、派生と根源、破壊と再生、脱構築と構築。

 

これらは我々が進化を繰り返してきた人類史にとって

ほんの束の間の出来事。

そして、約300年という近代/現代ファッション史において

共生してきた価値観と概念です。

 

 

文明・政治・音楽などにおいても、それは必然的なもので、

何かを変えようとする力が常に人々を動かしている証拠でもあります。

 

 

 

 

 

 

CAMIEL FORTGENSもまた、「脱構築と構築」というセクションで

新たな切り口の提案や現代ファッションへの挑戦を掲げています。

 

 

さて、今回は、そのCAMIELからヘビーリブニットシリーズ。

 

2種類ご紹介していきます。

 

 

 

 

ずっしりとした肉厚なウェイトに高密度で編み込まれたカミエルのリブニット。

 

二者、CAMIELでは珍しいソリッドなテンションに

CAMIELらしいディテールを省き切った、ミニマルな面構え。

 

 

1つ目は「トラックジャケット」

 

 

この形、有名どころで言うと、お馴染みのMMのドライバーズを彷彿とさせるビジュアル。

 

ではありますが。

 

細部を見てもられば、全くそれとは違うものを感じさせてくれます。

 

脱構築的な製法で用いられる、インサイドアウト手法。

 

 

 

 

代表的なディテールでもある、

ロックミシン等の始末をあえてせず、断ち切りで工程を終了させています。

それにより、端切れが徐々にほつれていくディテールで、

服を飽きさせず着用可能なこと。

と同時に育てることの、両方を楽しませてくれそうです。

 

 

 

 

 

それでもってこちらのニット、

リブの特性を生かした薄さがあるにも関わらず、

「めちゃくちゃヘビーだし、ニットなのか?」と思うくらい、風を遮る編組織です。

 

加えて、洗濯可能というありがたさです。

 

アウター兼インナーニットでもあるので、

防寒のスタイルとして、鉄板のBLACKで、

好きに着てもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

2つ目は、「プルオーバー」

 

 

 

まず、この見た目、

第一印象は「なんだこの大きさと形は。。」と感じるのがほぼ大半でしょう。

 

生産効率や費用対効果を無視した用尺とカッティング。

ボディラインを覆い尽くすアウトライン。

個人的には、どことなく民族衣装特有の纏われるようなフィッティングを覚えました。

 

単純なこのオーバーサイズに気を取られてしまい、

作り手によって仕組まれた

構築的な側面を忘れてしまうほどのパターンの構築性の高さ。

 

 

 

 

この洋服を簡単に言うなれば、

底知れないパワーのある洋服。です。

 

「この洋服を事細かく説明するのがおこがましい。」

そんな圧倒的な存在感と佇まいを持った洋服。

着れば分かります。スタイリングの面も同様、類を見ないパワーがあります。

 

 

 

 

 

 

市場に溢れているコピー&ペースト方式の

インサイドアウト手法を、愚直に用いれば良い訳ではなく、

洋服の変遷における歴史的背景を理解した上での、

クオリティや技術、そしてアイデアです。

 

着る本人が日々の着用とスタイリングの構築を繰り返すごとに、

脱構築的美学の本質がようやく帰結するような。

そんな洋服です。

 

是非、ご試着にいらしてみてください。

 

また、近日中に2ND DROPも入荷予定なので、

楽しみにしていてください。

 

サイズ欠けや在庫に限りがございますので、

ご希望の方は、お早めにご希望頂けましたら、幸いです。

 

【CAMIEL FORTGENS ITEM LIST】

 

商品の詳細やご不明な点などがございましたら、

 

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

皆様のご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております。

 

 

-SISTER-

 

SISTER ONLINE SHOP

TEL:025-201-9447

MAIL:info@sister-web.jp